2015年に国連で採択された、持続可能な開発目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」は、豊かで活力ある未来を作るため17の目標を定め、2030年までの達成を目指す世界規模の取組です。

株式会社InVitroで掲げたビジョン「紡ぐ、寄り添う、高め合う」は全てのステークホルダーと共に次世代へ人も資産も自然の豊さも継承していくという思いが込められております。現在の弊社の規模感で世界規模の飢餓や資源などに直接的に解決の糸口を投げることは正直難しいです。しかし一人ひとりの意識は重要だと思っております。

 

私たちは、不動産、建設、人材の事業を通じて上記SDGs項目に貢献します。今私たちができることは何なのかを常に振り返り、お客様に正しい資産構築のご提案をし全ての人が適性な健康と福祉を受けれるようなご提案をいたします。従業員教育の質を高めることはもちろんセミナー事業による子どもたちへの教育を行います。ダイバーシティ採用を追求し女性の社会進出のみならずLGBTQ+の方々の支援もして参ります。また不動産のご提案をしていく中で、お客様のご要望にもお答えしつつ長期優良住宅や低炭素住宅のご紹介をさせていただいております。これによりエネルギーの側面からも弊社から社会へ微力ながら力をお貸しいていきます。

私たちは、不動産業界を牽引するIFAになりたいと思っています。様々な不動産会社がある中で確実にお客様にとって良い商品・良い業者さまをお繋ぎするために現在は自社で物件の販売等をしておりません。あくまでお客様からヒアリングさせていただいた情報を元に私たち共が提携している各種専門の不動産会社へ情報の展開を行い責任を持って最高の商品をご提案できる体制をとっています。それにより従業員の働き甲斐は高いものになっていると実感しています。私たちが目指すのは弊社ビジョンでもあります「紡ぐ、寄り添う、高め合う」一人ひとりがその意識を持つことによってサスティーナブルな社会を創造することができると考えておりますので地域活性や緑地保全のためにもボランティア活動などにも参加しております。