1. HOME
  2. 事業案内
  3. 新電力小売事業
  4. あなたにあった電気を選べる時代。

新電力小売事業

新電力小売事業

あなたにあった電気を選べる時代。

電力の自由化にともない、新電力の小売事業を開始しました。
従来より安価で電力を提供できるため、毎月の光熱費の節約に貢献することができます。

 

電力の自由化とは
これまで家庭や商店向けの電気は、各地域の電力会社(東京電力、関西電力等)だけが販売しており、家庭や商店では、電気をどの会社から買うか選ぶことはできませんでした。
2016年4月1日以降、電気の小売業への参入が全面自由化され、事業者はサービス内容や料金プランを自由に設定し、販売できるようになりました。そのため、全ての消費者(家庭・店舗・企業)がライフスタイルや価値観に合わせて、電力会社を自由に選択できるようになりました。電力が自由化されるまでは大手電力会社のみが電気を販売していましたが、多くの事業者が参入したことで価格・サービスの競争が生まれ、電力を安価で利用することが可能になっています。
⇒経済産業省のホームページ参照しています。

新電力の仕組みはどうなってるの?

電力小売全面自由化後も、物理的な電力供給の仕組みには原則変更はありません。

結論から申し上げますと、電力小売全面自由化により、(3)小売部門において、新たに事業者が自由に参入できるようになります。

電力は、以下図でも分かりやすくお伝えいたしますが、発電所→送電線→変電所→配電線の経路をたどり、各ご家庭まで供給されています。
また、電力の供給システムは、(1)発電部門、(2)送配電部門、(3)小売部門の大まかに3つの部門に分類されます。

新電力の品質に不安を感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、『電力会社を切り替えても発電事業者、送配電事業者の自由化は行われていない為、従来の電気の品質や信頼性は全く変わりません。』

販売者である小売部門(新電力事業者)が料金メニューを決めているため、価格面・サービス面でもお客様にとって充実したプランを設定できます。

電力の自由化によりどうなるのか

「電力の小売全面自由化」により、複数の事業者が電気の小売市場に参入してくることで、消費者が新規参入の会社を含めた電力会社の選択が可能になりました。
また、電気の小売事業への参入者が増えることで価格競争が活性化し、様々なプラン・サービスが登場することになりました。。

現状出ているサービスでは、電気とガス、電気と携帯電話などの組み合わせによるセット割引や、ポイントサービスなどが登場しています。
また、SDGsを考えた再生可能エネルギーを中心に電気を供給する事業者から電気を買うことも可能です。
さらに、現在お住まいのエリア外で発電された電気の購入も可能です。例えば、都会に住んでいても、ふるさとで発電した電気を選べる可能性が生まれています。 また、近くの自治体が運営する事業者から電気を買うなど、電気の地産地消も可能になります。

新電力に切り替える事のメリット、デメリットは?

先ずは、デメリットからご説明いたします。

・切り替えのための手続きが必要
・違約金が発生する可能性がある(※1)
・スマートメーターの設置にお金がかかる場合も(※2)

(※1)契約している小売事業者によって変わってきますが、発生する事業者と発生しない事業者があります。
(※2)新電力と契約したら、スマートメーターの設置工事を行う必要があります。スマートメーターの設置工事は原則として無料ですが、外壁や配線に問題がある場合や設置場所を指定する場合などには、別途費用が課される可能性もあります。

新電力に切り替えるメリットについては、

・毎月の電気料金が安くなる
・セット割りやポイントサービスがある
・大手電力から新電力への切り替え時、初期費用・解約手数料が0円
・切り替えによる工事立会が原則不要のため、手間がかからない
・環境に優しい会社を選べる
・停電する可能性は大手電力会社10社と同じ

新電力に切り替えることによっての魅力は、‘‘節電せずに電気代金を節約することができる‘‘ようになります。

サービスに興味をお持ちいただけましたら、下記の公式LINEまたはフォームからご連絡ください。
お住まいの地域に関わらず、お電話でもご案内いたします。

法人のお客様もお気軽にお問い合わせください。

新電力のお問い合わせ窓口はこちらです。
⇒『新電力相談窓口』の公式LINEはこちら

⇒お問い合わせフォーム