1. HOME
  2. ブログ
  3. 不動産・お金の勉強
  4. 経済
  5. 給付金10万円、その使い道は?【受け取らない選択肢はない】

BLOG

ブログ

経済

給付金10万円、その使い道は?【受け取らない選択肢はない】

給付金、皆さんはもう申請されましたでしょうか?

受け取った方は何に使われましたか?食事、衣服、インテリアなど身の回りのものから、税金や住宅・自動車などの各種ローンなどの支払い等々、、、何に使うかは人それぞれだと思います。

間違っても「受け取らない・使わない」という選択肢は取らないようにしてください。

給付金は何に使った方が良いのか、なぜ受け取らないといけないのか、詳しく解説していきます。

給付金を受け取らなければならない理由とは?

給付金を受け取らないとどうなる?

あなたが給付金の10万円を受け取らなかった場合、そのお金はどこに行くのでしょうか?

この10万円は国の懐から出ているので、もちろん元の場所に戻っていくことになります。

こうなってしまえば、もう10万円は政府の思い通りに使えるお金になってしまいます。

あなたが20代だったとして、受け取らなかった10万円が高齢者のために使われても何も文句は言えなくなるのです。

さらに、コロナで経済が停滞してしまっている日本でせっかく使えるお金があるのに貯金するという選択肢は悪手です。

「別に生活に困ってないから」という理由で受け取らなかったり、受け取っても使わずに保管したりするなら、

クラウドファンディングという手があります。
コロナで経営の危機に瀕した飲食店などが支援を求めています。使わずに置いておくくらいなら彼らのために使いましょう。この行為もひいては日本経済を立て直す助けになります。

 

給付金の使い道

給付金を受け取った人は生活費や食費に充てる人が多数のようです。

それに次いで、貯金・預金をする人が多いとのこと。

これでは日本の経済は立て直しが難しいです。でも何に使えばいいか分からないという方のためにオススメの使い道をご紹介します。

自己投資に使う

本を読む、おしゃれな服を買う、美容室に行って髪形を整える、資格の勉強をする、などなど自分の価値を高めるお金の使い方をしましょう。

またいつ今回のように仕事ができなくなることがあるか分かりません。そうなったとき路頭に迷うことがないように本を読んだり、資格の勉強をすることで自分の収入を上げる努力をしてどんなことが起きても大丈夫なように備えておくことが大事です。自宅で仕事ができるWebライターやプログラマー等のスキルはこれからの世の中、腐る事はないでしょう。

自分の見た目を整えるのに使うのもアリです。日とは初対面の人間との付き合い方の大半を見た目で決めます。

どれだけこちらが友好的でも身だしなみが汚いと、人は離れていってしまいます。これまでは自分の容姿にあまり頓着してなかった人もこれを機にイメチェンしてみるのもアリだと思います。

普段の食事をちょっと豪華にする

「ちょっと」豪華にするのがポイントです。

高級フレンチとか、料亭などに行っては10万円などすぐに溶けてなくなってしまいます。

なので、普段の食事に1品追加するとか、今まで安い鶏肉を使っていたけど奮発して牛肉を使ってみたりとか、外食するにしても高級店はムリでもチェーン店で普段は頼まないような料理をオーダーしてみるのもいいでしょう。

ショボいと思われるかもしれませんが、これがなかなか満足度が高いです。

高級店の場合、ドレスコードだとかテーブルマナーだとか料理名が耳馴染みの無いものだったりなど料理を楽しもうにも様々な要素が邪魔して思うように楽しむことができないでしょう。

その点普段から利用しているチェーン店とかなら、無駄に周囲やマナーを気にする必要もありませんし、いつも目に留まってたけど手が出しにくかった料理を食べることで「自分は贅沢してるんだ」という実感がわきやすく、結果的に満足感を得られやすいという訳です。

税金など貯まっている支払いを済ませる

自家用車を持ってるなら自動車税が、マイホームを持っているなら固定資産税と都市計画税が…などなど生活していると必ず税金の支払いは発生してきます。

その支払いで意外と家計を圧迫しやすいので、この10万円でまとめて支払っておくのも手です。

他にも家のローンや年金などコロナで収入が減ってしまってなるべくなら支払いたくないものなどもまとめて支払ってしまってコロナによる騒動が収まるのを待つというのも一つの手でしょう。

まとめ

10万円という金額は多く見えますが、何も考えずに使うとすぐ無くなってしまうので注意が必要です。

自分へのご褒美に使うのもいいですが、資格や自分のスキルアップなど使った後も役に立つものにお金を使った方が後悔はしないと思います。

関連記事