1. HOME
  2. ブログ
  3. 生活の知恵
  4. 暮らしの豆知識
  5. 一人暮らしの必需品 絶対に後悔させない厳選便利グッズ14選

BLOG

ブログ

暮らしの豆知識

一人暮らしの必需品 絶対に後悔させない厳選便利グッズ14選

なるべく手間をかけずに楽に生活したい、皆さんそう思っているはずです。

一人暮らしを始めて実感するのは「親のありがたさ」です。

掃除・洗濯・炊事などなど今までは何もしなくても勝手に服は洗われてるし、ごはんも出てきたりしました。

ですが、一人で暮らすとなるとそれらの作業をすべて自分でやることになり、作業の多さにびっくりする事でしょう。

なので今回は、私の大学生時代の経験をもとにあなたの生活に絶対役に立つ便利グッズを紹介します。

紹介するグッズを使って面倒→楽に変えていきましょう。

キッチン編

1.レンジで作るラーメンどんぶり

インスタント麺と水を入れてレンジでチンすれば簡単にラーメンが作れる便利グッズです。

このグッズのいい所はラーメンを作る以外にも活用方法があるところです。例えば、僕がカレーを作る時、ジャガイモを茹でていて、なかなか火が通らずイライラしていました。

そこでこのグッズの出番です。調理に時間がかかるジャガイモだけこのグッズに水と一緒に入れてレンジでチン、他の具材は鍋で調理、並行してやることで時短に成功しました。

他にも、刻んだキャベツやもやしなどと、豚バラ肉を容器に入れ、少し水を入れてレンチンすればそれだけでヘルシーな蒸し野菜の完成です。僕はよくこの蒸し野菜を作っていて、ポン酢やゴマダレで食べていました。

ダイエットにもなるのでお勧めです。

2.レンジで茹でパスタ調理ケース

こちらもラーメンどんぶりと同じく、レンジでチンするだけでパスタを茹でる事ができます。

不通に鍋でパスタを茹でようと思ったら、まず、鍋一杯の水を沸かすのにとても時間がかかります。さらに麺自体を茹でるのにも大体10分位はかかります。しかもその間吹きこぼれたりしないか常に意識を割く必要があります。

このグッズがあれば、麺を茹でる以外の工程に集中することができます。

パスタは麺を茹でるのとソースを作るのに並行して作業をする必要があるので、片方の作業に集中することができるので失敗が減ります。

3.ジップロック(箱・袋)

ジップロックは主に作った料理を保存するときに使います。

カレーを作ったら、袋に一人前ずつ分けて冷凍して保存。使うときに一個ずつ取り出せば、かなりの期間保存することができます。

お風呂・洗濯編

4.珪藻土マット

珪藻土は小さな無数の穴が空いており、その穴が水分を素早く吸うため、吸水性が優れています。また、外に水分を放出する力も高いのですぐ乾くのも特徴です。

いちいち洗わなくても大丈夫なので基本お風呂場の足元に置きっぱなしで大丈夫です。

週一回、日陰で干せば十分です。

5.節水シャワーヘッド

節水シャワーヘッドを使えば、水道代を節約することができます。

メーカーによって節水率には差がありますがおおよそ30~50%ほど水を節約することができます。

年間で最低1万円は水道代を抑えることができると考えてもらえればいいです。

6.電動歯ブラシ

全人類が電動歯ブラシを使うようになればいいのにと思っています。

手動で磨くのには限界があり、どうしても歯の隙間などに磨き残しがある事が多いです。

電動歯ブラシには、超音波の音の振動でブラシを動かし磨くタイプ、前後にブラシを直接動かすタイプ、ブラシ部分が回転するタイプの三種類があります。それぞれ一長一短ありますが、僕は回転式をお勧めします。よっぽど歯茎が弱い人でもなければツルツルに磨けるのでとてもいいです。

7.洗濯かご

一人暮らしだと洗濯は週2~3回、洗濯物が溜まったら洗濯機を回す人が多いと思います。

溜まるまでの洗濯物を纏めて置くところとして洗濯籠を用意しておきましょう。洗濯機ではなくコインランドリーを利用する人ならかごは絶対必要になるので最優先で用意しましょう。

掃除編

8.マイクロファイバーふきん

マイクロファイバーは髪の毛の100分の1ともいわれる細さでソレで編まれた布は細かい穴が無数に空いています。この穴のおかげで吸水性が高く、絞ればすぐ乾燥するので水場のふき掃除などにもってこいのグッズです。

普通のふき掃除にも高い効果を発揮してくれます。網目が細かいのでその分汚れを取ってくれます。

9.激落ちくん

「水だけで汚れが落ちる、洗剤いらずの魔法のスポンジ」で雑巾などで拭いても落ちないような頑固な汚れもとても簡単に取り除くことができます。

ただ、注意しておいてほしいのは、こすって落とすというより、削るといった方が正しいので、あまり使いすぎるとフローリングなどを傷つけてしまう恐れがあります。

なので便利だから説いて頼り過ぎは厳禁です。漆塗りの食器なども表面の塗料を削ってしまうので駄目です。

10.クイックルワイパー

腰に負担がかかりがちな拭き掃除を立ってできるので楽にできます。

市販のシートの他、上記に書いたマイクロファイバーふきんをくっつけても効果が期待できます。

掃除の時間を短縮するためというより、掃除を楽にするためのグッズです。

11.トイレスタンプクリーナー

掃除の中でもやりたくない人が多いのがトイレ掃除でしょう。汚いものを出すところなのであまり手を近づけたくないと思うのは当然のことです。

その掃除をする回数をなるべく減らしてくれるのが、このグッズです。

便器内にジェル状の洗剤をくっつけることでトイレの水を流すたびにジェルが溶け出して便器内に広がり汚れを洗い流すことができます。また、便器に汚れが付きにくくなるコーティング効果もあります。

一回のスタンプで大体1週間ほど効果が続きます。

家具編

12.こたつ

冬はそのままこたつとして、夏はこたつ布団の部分を片付けて普通の机として使うことができます。特にワンルームに住んでる人にオススメしたいです。一つの家具で2種類の使い方ができる一石二鳥の便利家具です。

13.ビーズクッション

「人を駄目にするクッション」として有名なグッズです。座ると、クッション内に詰められたビーズが体の凹凸や動きに合わせて動き、フィットしてくれるのでとても楽な姿勢を取りやすくなっています。

座り心地が良すぎて、僕はもっぱらベッドとして使っていました。これに座ってゲームしながらいつの間にか寝落ちしていたこともざらにありました。でも特に寝違えたりすることもなかったのでベッドとして使うのも大いにありかと思います。

14.ポケットWi-Fi

最近の若者はテレビを見なくなっているといいます。

テレビを見るより携帯やパソコンでYouTubeをみたり、SNSで友達と連絡を取り合ったりした方が楽しいと感じているのでしょう。

そんな若い人たちにオススメしたいのが、ポケットWi-Fiです。僕はWiMAX2+を使っています。

パソコンを使って外で仕事する人には必須です。

建物に囲まれていたりすると電波が届きにくかったりするものの、おおむね使っていて不便を感じたことはあまりないです。動画のダウンロード速度も悪くないし、格安シムと組み合わせることで、より安い値段でインターネットや携帯の機能を使うことができます。

まとめ

気になるようなものはあったでしょうか?

ここで紹介したものはすべて自分が実際に使って良かったものを紹介しました。

割と簡単に揃えられるものばかりだと思いますので、もし気になったらチェックしてみてください。

関連記事